*

MINICON × HYBRID(カーグッズマガジン9月号掲載)

      2015/09/16

加速感をグーンと気持ちよく!

ハイブリッド車の性能を引き出す

HYBRID車のエンジン始動時の加速感をさらに向上させてくれるのが、サブコン+吸気リングがセットになった『MINICON&レスポンスリングHYBRIDハイレスポンスダブルリングセット』だ。
MINICON簡単装着でエンジン始動後のトルク感がアップする「MINICON」コンパクトサイズでエンジンルーム内の設置が可能。防水カバー付き。
20150720.02

小排気量のせいかエンジン始動後の加速感が物足りなかったアクアが気持ち良く加速するようになった。燃費も悪化しないというから、これは嬉しい。

装着方法

ノアハイブリッド レスポンスリング
まずレスポンスリングHYBRID「スロットル側」
インテークパイプとスロットルを結ぶホースバンドをウォーターポンププライヤ等で緩めて、分離します。
ダブルリング 取付 アクア
そして、エアクリーナー側にもリングを装着して、インテークパイプを戻していきます。
スロットルボディ アクア リング
アクア レスポンスリング 取付
アクア インテークパイプ レスポンスリング
これでホースバンドを締めこんだらリング装着は完了。

次は、MINICON。
ハイブリッド MINICON
MINICONは、吸気情報を司るエアフロセンサーのカプラーに接続します。

MINICON センサーカプラー

割り込ませるハーネス。万が一の純正復帰に便利なリターンカプラー付き。

カプラーハーネス取付箇所
車両電源OFF時に、この純正カプラーを抜いて付属のカプラーを割り込ませてください。
あとは、このカプラーハーネスとMINICONを接続してテーピングしたら完成。
アクア MINICON 
MINICONは、ハイオクモードとレギュラーモードがありますので、入れているガソリンによってモードを変更してください。

肝心のレビュー

燃料と吸気の調整でレスポンスが向上

スタートは、モーター特有の太いトルクで結構気持ち良く走れるハイブリッド車(HEV)。
でも、エンジン始動後、もう少し小気味良い加速感が味わえれば、と思っている方もいるのではないだろうか。
そんなハイブリッド車オーナーの不満を解決してくれるのが、キープスマイルカンパニーの『MINICON&ハイレスポンスダブルリング』のセットだ。
いわゆるサブコンの『MINICON』は、エアフローセンサーからの信号にサブコン内で係数をかけ、変換した信号をクルマのコンピューターに送ることで、純正の燃調マップを使いながらも、エンジンの特性を変更できるアイテム。これを装着するだけでも加速向上が感じられる。
そして、その加速感をさらにアップさせるのが『レスポンスリングHYBRID』。
インテークパイプ内に取り付けるだけで、空気吸入流速を高めエンジンの燃焼効率が上がって、初期トルクの立ち上がりがグッと高まり、HEVとは思えないエンジンレスポンスを実現してくれるというものだ。
この『レスポンスリングHYBRID』には、従来から低中速重視で80km/h位まで一気に加速する感覚を味わえる「HR]タイプと、中高速域の気持ち良さを重視した「MR」タイプの2種類が用意されていた。
そして、「HR」タイプの気持ち良さを高速域まで持続させることができないか、というユーザーからの強い要望をかなえるために新たに登場したのが『ハイレスポンスダブルリング仕様』だ。

これは文字通り2本のリングを吸気系に取り付けることで、吸気流入速度をダブルで加速しようというもの。これにより、低速域から高速域まで気持ち良い加速感が味わえるようになる。レスポンスリングだけの装着でも効果はあるが、やはり燃調を適正に整え、さらなるキビキビ感を引き出すには『MINICON』との組み合わせがおすすめなのだ。
このセットを装着したアクアに試乗したのだが、いまひとつ加速が物足りないアクアが、まるでスロコンをノーマルからパワーモードに切り替えたくらいの気持ち良い加速感を体感。アクセルを踏み込んでエンジン回転を上げても、トルク感が急激に萎える感じもなかった。これなら市街地も高速も気持ち良く走れるはず。
アクアの走りに不満がある人にはピッタリだ。『MINICON』、または『ダブルリング』単体でも購入できるので、ステップアップしてもよさそうだ。
MINICON レスポンスリング
お買い上げはコチラ。

三栄書房刊(2015年)

三栄書房刊(2015年)

 - ハイブリッドカー, 商品 , , , , , , , ,