*

スロットルコントローラーを取り付けてみよう!

   

アロ~ハ ジャッキーです。

私は若かれし頃、F1ドライバーになりたくてカートレースをやっておりました。

しかし、メカに関しては不器用が災いしてか、全然ダメ・・・あせる

そんな私が今回、スロットルコントローラーの取付にトライしました。

チャレンジ企画第1弾「スロットルコントローラーを取り付けてみようビックリマーク

今回取り付けるのは、当店でも販売している「siecle TREC-S7X」

キープスマイルカンパニーBLOG
TREC-S7X(右)と専用ハーネス

パッケージはブルーのディスプレイですが、S7Xはホワイトです。

取り付け車両はこちら

キープスマイルカンパニーBLOG
車種:スズキ スイフト

型式:ZC71S

排気量:1200cc

まず、取り扱い説明書に目を通すと、品番にS7XaとS7Xbがあるらしい。

aの場合は、アクセルカプラーに専用ハーネスを割り込ませるだけ。

bの場合は、12V配線への接続が必要になってくる。

これは、車種型式によって違うらしい。

箱にS7Xbと書かれたシールが貼ってあるので、12V配線の接続が必要。

接続方法が図入りで書かれているけど、そもそも12Vの配線ってどれよはてなマーク

車の中は、配線がいっぱいあってわからない・・・・・あせる

どうしようと考えていると、ヒューズBOXからも取ることが可能ということ。

ヒューズ取付用のものが付属されていました。

キープスマイルカンパニーBLOG

カプラーより出ている赤線に、付属のギボシ端子を取り付けます。

ギボシ端子の付け方は、ネットで調べるとゴロゴロ載って います。

電工ペンチが必要ですが、カー用品店で500~600円くらいで購入しました。

準備は整ったので、いよいよ取り付け。

キープスマイルカンパニーBLOG
アクセルカプラーはアクセルペダルの付け根(黄色部分)

車内ヒューズBOXはスイフトの場合赤丸の場所にあります。

(ヒューズBOXの場所は、車の取説に書いてあります)

作業に邪魔なので、手前のパネルを外します。

手で簡単に外れます。(工具の必要なし)

キープスマイルカンパニーBLOG
まずは、アクセルカプラー(赤丸)を外す作業から。

グッ、ググッ、グググッDASH!

力入れて引っ張っても、上下にクネクネさせても抜けません。。。

マイナスドライバーを突っ込んで、無理やりこじ開けようとしても抜けません。。。

小学校の国語の教科書に載っていた、「大きなかぶ」を思い出すくらい抜けないぜ・・・・・あせる

30分ほど格闘の末、スマイリーにヘルプの電話。

「あーそれね。ツメがストッパーになってるから、堅いけどギュッっと押さえながらやれば抜けるよ」とのこと。

キープスマイルカンパニーBLOG
カプラー上部(赤丸)をギュッっと押さえながら、上下にクネクネさせて引っ張ったら、簡単に抜けました。

抜いたカプラーに、専用ハーネスを差し込みます。

キープスマイルカンパニーBLOG
装着したら、ビニールテープで固定。

次は、車内ヒューズBOXへヒューズを差し込み。

「10A以下のものと交換してください」

と取説に記載されているので、10Aのものと交換。

赤のヒューズが10Aです。

キープスマイルカンパニーBLOG
右下の赤い配線が出ているものが、取り付けたものです。

一応、配線の取付は終わりなので、ドキドキしながら初期設定を行ってみたら、ちゃんとできましたビックリマーク

「あーよかった」と思って、エンジンをONにしたら、接触不良のエラーが・・・・・

なぜ?

実はここのヒューズから電源を取るのが曲者でした。

10Aのものなら、どれでもいいと思ってたんです。

最初はヒーターのヒューズから取ったのですが、どうもこの部分は常時12Vの電流がきているわけではないらしいのです。

今度はヘッドライトのヒューズから取ってみたら、問題なく作動しました。

よかったよかったひらめき電球

あとは、配線をきれいにまとめて、本体を好きな場所へ設置。

キープスマイルカンパニーBLOG

取付作業の感想

作業に慣れてる人なら、30分もあれば出来ます。

初心者には「本当にこれでいいんだろうか?」と、不安があると思いますが、作業自体は難しくないので、ぜひトライしてみてください。

達成感がありますよアップ

ただ、どうしても不安なかたは、無理せず車屋さんに頼んでくださいね。

 - TREC S7X