キープスマイルカンパニー 公式ブログ
K-BRAIN MINICON 大量入荷しました!

即納可能なサブコン

K-BRAIN(ケーブレイン)MINICONは、キープスマイルカンパニーがプロデュースする軽自動車用サブコンピューターです。
基本的に在庫があれば、即納となります。

対応車種は多様

スズキ・ダイハツはもちろん、ニッサン・ミツビシも。
当然、トヨタやマツダ・スバルのOEM軽自動車も対応しています。
主にターボ車への対応となり、
自然吸気車はB4#系デイズ&ルークス、B3#系eK・デリカミニに対応。

画像

その効果とは…

エンジンルームの吸気圧力センサーorエアフロメーターのカプラーへワンタッチの割り込み接続をすることで、ECUマップをコントロール。
ターボならブースト圧の掛かるレスポンスを向上。
自然吸気ならエンジンレスポンスを向上させる製品です。

お客様レビュー

★★★★★5.0

解りやすい説明書が付いているので簡単に取り付けが出来ました。まさか変化の違いを実感できるとは思いませんでした。

レギュラーガソリンとハイオクの切り替えも効果ありますね。これからパワークリーナーやマフラーなど交換するので更に違いが実感できると思います。低価格で楽しめて最高です。

——————————————–

★★★★★5.0

騙されたと思って購入しましたが、試乗してビックリ。劇的に進化しました。3速で全く登らなかった坂道をなんとか登る位までパワーアップしました。

5速で走っていても、アクセルを踏むと今まで以上の加速が体感できました。ちなみにハイオク仕様です。買ってよかった。後は、燃費アップに期待します。

——————————————–

★★★★★5.0

燃費が10km/L→14km/Lに上昇しました。エンジンが良く吹け上がるようになりました。20万キロ走っている車ですが、ここまで良くなるとは思いませんでした。とても素晴らしい商品だと思います。装着も簡単でした。

——————————————–

★★★★★5.0

半信半疑で取り付けましたが、効果にビックリしました、キビキビと走る様になり、エアコン使用時の低速のもたつきが解消されて気持ち良いです!アクセルも踏む量が減りましたコスパ良い商品です。

——————————————-
今なら即納でお届け致します!

ダイハツ タフト特集!!

こんにちは、今日はダイハツ。
いろいろ問題ありましたが、やっぱりダイハツKFエンジンは良い!
TAFTは、大昔にあった車名の復刻です。
コンセプトとしては、スズキハスラーが売れたことによる踏襲モデルであることは確かですが、そのデザインコンセプトは真逆を行っているところがGood!

デザインはカクカク路線を行く

画像

タフトの武骨感がカッコ良い! ハスラーはカワイイ路線を踏襲。

画像
室内もカクカク路線! 実用的感がいい。
画像
そしてパノラマルーフが爽快

ターボ車はMINICONで快適に

画像
画像

タフトターボのMINICON装着カプラーは、上からは見えません。
吸気圧センサーはインタークーラーの下にあります。

画像

横向きに出ているカプラーとなります。

お客様レビュー

★5
無事に取り付け出来ました

岐阜県ですが1/25の午前中に注文して1/27のお昼ごろ到着しました。早く届いて良かったです。 取り付けは車両のコネクタがなかなか外れず苦労しましたが、他の部品を外す事なく取り付け出来ました。 問題無く動作しているようです。 まずはS1モードで様子見します。 何度かハイオクを給油して、ガソリンタンク内がほぼハイオクに入れ替わったら、S2モードにしてみたいと思います。

画像
カローラ210系特集

カローラ210系は2系統

ZWEカローラは、第一世代と第二世代に分かれます。
2022年マイナーでエンジン制御が変更されています。
それに伴い、2019-2022と2022-でMINICONの品番も異なります。

画像

MINICON

主にエアフロ制御が変更となっており、前期型は電圧制御。
後期型はパルス制御となっています。
その為、後期型は若干の燃費アップとなっています。

レスポンスリングHYBRID

こちらも、エアクリーナーボックスの寸法変更から若干の形状変更となっております。
その為、前期型と後期型でのリング互換性はありません。

MINICON-Advanced

ZWE215では、圧力センサー制御の確認がとれております。
ZWE219現車では圧力センサー制御の確認が取れておりませんが、ほぼ同じ制御と思われます。

MINICON アルファ

こちらは、前後期変更無しとなります。

画像

ワイドミラーWIDeRED

画像
前後期変更なしです。

まとめ

基本的に、ノア&ヴォクシー90系、カローラクロスG16/18系と同じシステムとなるのが、ZWE219/215系です。
若干のモーター出力アップと燃費アップ。
メーターオールディスプレー化は大きなトピックですね。

ホンダ フィット4用 ワイドミラー

昔のフィットは1000Rミラーだった

歴代フィットのオーナー様はご存じかもしれませんが、フィットのドアミラーは昔1000Rでした。
1000Rは、WIDeREDワイドミラーの標準ワイドと同じ曲率です。
フィットは、純正でワイドミラーを採用していたんです。

それが、何故か、フィット3から通常の1400Rに変更となりました。

画像
フィット4用

裏面の両面テープも工夫を

画像

純正ミラーに貼り付けした際に安定性を確保するため、両面テープの配置も手作業です。

みんからのレビューなんかを見ていただくとお分かりいただけると思いますが、取付することで、ものすごく安全運転に寄与することができます。
また、駐車スペースの白線も見えるようになるので、まるで運転が上手くなったかのような感じとなります。

フィット4だけでなく、様々な車種に対応していますので、ぜひご覧ください。

アルファード&ヴェルファイア AYH30 スロコン PWR+ブースター

アルファードAYH30ハイブリッド用レビュー

画像

★★★★4.0
取り付けも簡単、カプラオンタイプ

パワーモードで使用しています。通常走行は、パワーオフ、必要時にパワーオン、装置前はアクセルオンの時ワンテンポ遅れていたので装置後は、イライラ感の無いアクセルワークを行えます。
——————————
★★★★★5.0
オススメ商品です。MINICONと同時取り付けしましたのですがこの商品のスイッチオンで大袈裟ではなくバリバリ体感できます。とにかくオススメですが燃費は…気にしない気にしない。
——————————-
★★★★★5.0
買って正解。

つけたらすぐに体感できる商品です。アクセル踏み込んだ瞬間に猛加速して他の同じアルファードハイブリッドよりはるかに速いです。

K-BRAIN MINICON

軽ターボ用サブコン

K-BRAINは、軽ターボ用サブコンのブランドです。
ブーストレスポンスに拘ったセッティングがされております。
ガソリン毎に2種類のセッティングをご用意。
レギュラーガソリンセッティングとハイオクガソリンセッティングです。

画像

お客様レビュー

★★★★★5.0

解りやすい説明書が付いているので簡単に取り付けが出来ました。まさか変化の違いを実感できるとは思いませんでした。

レギュラーガソリンとハイオクの切り替えも効果ありますね。これからパワークリーナーやマフラーなど交換するので更に違いが実感できると思います。低価格で楽しめて最高です。

——————————————–

★★★★★5.0

騙されたと思って購入しましたが、試乗してビックリ。劇的に進化しました。3速で全く登らなかった坂道をなんとか登る位までパワーアップしました。

5速で走っていても、アクセルを踏むと今まで以上の加速が体感できました。ちなみにハイオク仕様です。買ってよかった。後は、燃費アップに期待します。

——————————————–

★★★★★5.0

燃費が10km/L→14km/Lに上昇しました。エンジンが良く吹け上がるようになりました。20万キロ走っている車ですが、ここまで良くなるとは思いませんでした。とても素晴らしい商品だと思います。装着も簡単でした。

——————————————–

★★★★★5.0

半信半疑で取り付けましたが、効果にビックリしました、キビキビと走る様になり、エアコン使用時の低速のもたつきが解消されて気持ち良いです!アクセルも踏む量が減りましたコスパ良い商品です。

——————————————-

喜びのお声、たくさんいただいております。

画像
ZWR90系ヴォクシーHYBRID製品特集

発売久しい90系。
基本的には50系プリウスのシステムを使用しながら、モーターを強化。
更に燃費を向上させるため、制御系を一新。

画像

吸気情報を取得するエアフロメーターはパルス式に更新。
ミニバンの大きなボディでも力強く、燃費良く運転することができます。
そんなヴォクシー90系に対応したチューニングパーツをご紹介。

MINICON HYBRID

パルス制御エアフロメーターへ接続し、吸気情報をコントロール。
燃料制御を行うことで、ノーマルよりもエンジンレスポンスを向上。
主に発進トルク、再加速時のレスポンスを向上します。
さらに、増幅されたトルクを上手く使うことで、燃費を向上させることも可能です。(運転次第ですが)

レスポンスリングHYBRID(ダブルリング)

こちらは、エンジンルーム内の吸気経路に装着することで、エンジンの吸気流速を向上。燃焼効率とエンジンレスポンスを向上させます。
エアクリーナーボックスとインテークパイプの間に1つ。
スロットルボディとインテークパイプを間に1つ。
計2個装着可能です。

画像
画像
ダブルリングを装着することで、低速域から高速域まで全域で吸気レスポンスをサポート。

MINICON-IGD

画像

本製品は、エンジンの点火タイミングをコントロールします。
本来、未燃焼ガスとしてEGRへと廻るはずの燃料の再燃焼を促進。
1サイクルで発生するパワー&トルクを向上します。

画像
画像

パワープラスブースターEVO(スロコン)

アクセルセンサーへワンタッチ接続。
電源を取得するだけで、取付可能なシンプルスロコンです。

画像
画像
画像

90系用は、写真の貼りつけスイッチが付属。
お好きな位置に取付することが可能です。
OFFスタート設定となっており、お好みのタイミングでスイッチON!
まるでスポーツカーのようなアクセルフィーリングとなります。
運転が楽しくなる製品です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この4アイテムを取付するだけでも、愛車が見違えるように楽しく運転することができ、燃費向上も見込めます。
ぜひ、ご検討ください。

HYBRAIN MINICON for SAI

SAIのエンジンをリニアにするサブコン

画像
写真右上のエアフロメーターカプラーへ製品を取付する

★★★★★5.0 リニアなアクセルに

装着は配線図付きの説明書にて10分も掛かりませんでした。燃料はレギュラーのままで試運転しました。エンジンをオンにして、しばらく何かいつもよりエンジンの振動を感じましたが、それも自然に無くなり出発。確かに出足のもっさり感は改善してます!ハイブリッドなのに普通の車のようなアクセルのリニア感を感じました。自分の車をより好きになりました。良い買い物して気分がいいです

★★★★★5.0  もっと早く付ければ良かった

人生初のサブコンです。発進加速が明らかに向上し、今までより運転が楽になりました。今現在ハイオク使用モードですが、最高で平均燃費20キロを記録しました。

パワープラスブースターEvo!

シンプル イズ ベスト!

HYBRAIN パワープラスブースターEvoは、シンプルな操作、シンプルな構成で、満足できるスロットルコントローラーとしての機能を搭載した製品です。

画像

本体、スイッチ、アクセルセンサーハーネス、取付用両面テープ・タイラップなど、取扱説明書、といった、最低限の構成です。
OFFスタート設定となっており、スイッチオンで走りを激減させることができます。

取付方法は・・・

画像

1.キースイッチをOFFし、5分程度待つ
2.アクセルペダル上部の純正センサーカプラーを抜く
3.製品のアクセルセンサーハーネスを取付する
4.電源ハーネスに付属の赤線を接続してOBDの指定箇所へ取付
5.スイッチを純正スロットへ取付
6.スイッチの橙線をイルミ電源+へ接続
7.コントローラー本体へ各コネクターを接続
8.各ハーネスは運転中に足に絡まらないように引き回して固定
9.本体を固定
10.キースイッチをONして初期設定を行う
11.エンジンを始動して、スイッチが消灯していることを確認
12.スイッチを押して、青LEDが点灯すれば取付完了

取付例

画像
ホンダ用(ヴェゼルRU・フィット3など)
ハイブリッドだから速くできる! ※過去記事アーカイブ

【最新型車 追従のハイテック】

ハイブリッドカーの能力を余すことなく引き出すテクノロジー

「ハイブリッドだから速くできる」
新型プリウスは、先代モデルより格段に進歩したと評判だ。
ハイブリッドならではの好燃費。
しっかりとしたボディに優れたハンドリング。
乗り心地もかなり良い。
でも走りの性能は、というとあまり変わっていないようだ。
燃費重視のハイブリッドカーだから、走りはこんなものでも十分だ。
しかも複雑なハイテク車だから、チューニングするのも難しい、と諦めている方もいるに違いない。
でもその考えはまったく反対。エンジンとモーターを搭載し、ハイテクを駆使しているハイブリッドだからこそ簡単に速くすることが可能なのだ。

例えば純正でもエコモード、パワーモードに切り替えて、走りのフィーリングを簡単に変えることが可能なのはご存じの通り。
つまり、プログラムを解析することで、純正以上のセッティングを自在に施せる。
また、エンジンに関しても省エネ重視の仕様となっているので、パワーを引き出す余裕がある。
電子制御を燃費が悪化しない範囲内で、もう少しパワーよりに振ってやれば、想像以上に胸のすく走りを堪能でいるように仕立てられる。
キープスマイルカンパニーがあらたに立ち上げたハイブリッドカーのためのチューニングブランド「ハイブレイン」は、ハイブリッドカーだからこそ気分良く走りたい、と願っているオーナーたちの為に誕生したものだ。
エンジンのかかり始めから、車がスムーズに前に出る感覚を生み出す燃調コントローラーの「MINICON」。

画像

燃料噴射時期コントローラーの「MINICONα」そして、スイッチを押すだけで瞬時にモワパワーが得られるシンプルスロットルコントローラーの「パワープラスブースター」といった電子チューニングパーツを展開。これらを装着した50プリウスは、その気になればスポーツカー並みのガツンとくる強烈な加速を味わうことが可能になる。

画像
画像

また、エコモードの状態でもストレスのないスムーズな走りを実現。そんな気持ちの良い走りを得ながら、燃費に大きな悪影響を及ぼさないようにセッティングされているのも、電子チューニングのなせる技といえるだろう。
装着に関してもカプラーオンで簡単に装着可能なように設計されており、また、簡単にもとに戻すことが可能。
装着状態でもすぐにノーマルモードにできるので、万が一トラブルが発生した場合でも安心なのもいい。
それぞれ独立したアイテムなので、好みに応じて個別装着しても構わないし、効果もちゃんと体感できる。
しかし、フルにハイブリッドカーの性能をアップさせたいのであれば、トータルバランスを考えると、やはり全アイテムを装着するのがおススメ。ハイテクを搭載したハイブリッドカーだからこそ、そのハイテクを応用した電子チューニングで、愛車を返信させてみてはどうだろう。
(三栄書房:カーグッズマガジン抜粋)