キープスマイルカンパニー 公式ブログ
シエンタ特集

シエンタとは…

画像
Wikipediaより

初代はP80系。こんなにかわいい雰囲気の小型3列ミニバン。
私も昔愛車でした。
乗った感じは、ヴィッツを運転しているような感じですが、一家4人で乗っても狭さは感じません。
これは、薄肉アルミメッキ鋼板扁平燃料タンクの採用に依るところが大きいそうです。
最後列の2名乗車シートは、緊急用って感じでしたが、180cmの私が乗っても1時間程度であれば、まったく問題ありませんでした。
パワーも及第点で、良い車でした。

2代目はハイブリッド

画像
Wikipediaより

P170系は、アクアと同じハイブリッドシステムを搭載して登場。
モーターだけは若干のパワーアップをし、システム出力100ps。
一気に燃費マシーンとなり、売れに売れたモデルになりました。
先代同様、扁平燃料タンクの採用により、コンパクトな車格ながら広い室内空間を実現しました。

そして3代目へ…

画像
Wikipediaより

MXPL10/15系は、ヤリス・2代目アクア同様、ダイナミックフォースエンジンハイブリッドを搭載。
システム出力は116ps。先代より16psアップ。
エクステリアデザインは、フランス車を意識したような、オシャレな雰囲気です。
3列目は、シエンタ伝統の2列目下に収納できるため、広くて高さのあるラゲッジスペースを実現しています。

シエンタ用パーツをご紹介。

MINICON

MINICON-Advanced

NHP170のみAdvancedの設定あり

レスポンスリングHYBRIDダブルリング

MINICON-IGD

パワープラスブースターEVO

NHP170は純正形状スイッチ。MXPL10/15は貼り付けタイプスイッチ。

WIDeREDワイドミラー

LEDウインカーコンプリート&リバースセット

まとめ

シエンタは、家族全員を満足させることができる、良い車だと思います。
そんなシエンタの運転を楽しくする、パーツをぜひご検討ください。

デリカミニ&ルークスNA特集

NAで行こう

こんにちは。今日はB40/30系 NA。あえてのNA特集をいたします。
私は以前、「軽はターボでしょ!」派でした。
しかし、この車に乗ってから、少し考えが変わりました。

画像
ルークスオーテック

ルークスのNA。BR06 6400回転で52ps 高回転型ですな。

画像

エンジンに、オルタネーター型アシストモーター SM21 40N/m
確かに、上り坂では非力に感じるときもありますが、発進加速はモーターのアシストもあり、概ね不満を感じることは少ないです。

少しパワーを上乗せしたい

しかしながら、コスパが良ければ、もう少しパワーを上乗せできればうれしいと思い、サブコンを開発。

K-BRAIN MINICON for NA

日産&三菱のB30/40系 BR06エンジン用のみ、NA用をリリース。

画像
画像
取付は、圧力センサー

エアクリーナーボックス下のセンサーへワンタッチ取付

画像
(写真のカプラーハーネスは他車種用)

セッティングは2種類

NA用もレギュラーガソリンモード、ハイオクガソリンモードを設定。
エンジンレスポンス、トルクを向上させるセッティングです。

MINICON-IGD

そして、もう一つ。イグニッションダイレクトコントローラーも設定。

画像
エアクリーナーボックス下のイグニッションコイルカプラーへ取付
画像
オスメスカプラーでワンタッチ取付。

まとめ

このセットで、NAながらもグッドレスポンスをゲットできますので、満足度は高いと思います。
ぜひ、おすすめしたい商品です。

オデッセイRCハイブリッド特集
オデッセイは、ドライバーズミニバンとしてのカテゴリーを築いた車ですね。

2021マイナーチェンジ時には、「e:HEV」と名称変更されました。

画像

このエンジンにもMINICONシリーズが装着可能です。

MINICON

画像

オデッセイRCハイブリッドのエンジンルームのエンジンカバーっぽいものが、エアボックスとなっており、その上部にエアフロカプラーが装着されています。

画像
これがエアフロメーター

ちなみに同エンジンのステップワゴンRPハイブリッドはスペースの都合でエアフロが隠れてしまっています。

画像
ステップワゴンRPハイブリッドのエンジンルーム

余談ですが、ステップワゴンはワイパーカバーを外しての取付となります。

画像
オデッセイは簡単にアクセスできます。

レビュー

★★★★★5.0
高速道路の上り坂で加速する時にエンジン音のわりに加速しないのが難点でしたが、サブコンを付けたらエンジン音に比例して加速するようになり、今まで以上に走るのが楽しくなりました。燃費についてはしばらく走らないと効果は得られませんが、今では約1kmほど良くなり、19〜20kmぐらいを推移しています。

レスポンスブレードHYBRID

画像

エアフロメーターをブレードチューニング

画像
画像
画像
画像

レビュー

★★★★★5.0
ちょっと良くなった気がします。

HYBRAIN サブコンピュータ MINICON を先につけて今回これを増設。取付には工夫が必要となります。 エアクリーナー内部に取り付ける為、指が入らないので、わり箸の先に事務用の両面テープを巻いてブレードをくっ付けて装着しました。 中速のレスポンスは微妙ですが上がります

MINICON-IGD

画像

エンジンヘッドカバー上にある、イグニッション点火コイルのカプラーへ直接取付する、イグニッションダイレクトコントローラーです。

画像

こちらも、大きなエアボックスを外しての取付となるため、作業は難しめとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
これらアイテムをオデッセイに取付するだけで、ノーマルよりも気持ちよく、運転が楽しくなります。

MITSUBISHIデリカミニ特集

MITSUBISHIデリカミニ特集

三菱ホームページより

デリカシリーズの末弟としてデビュー。
eK・ルークスのベースを使用してターボはタイヤサイズの大径化やアウトドアイメージを前面に押し出したエクステリアとなっている。

画像
カッコいいですよね~

K-BRAIN MINICON

商品特徴

圧力センサーへの取付により、ターボ車ではブーストレスポンスの向上。
NA車ではエンジンレスポンス向上によるトルクアップをセッティングコンセプトとしています。
デリカミニでは、特別にNA用もラインナップしています。

レギュラーガソリンセッティング

本製品のレギュラーセッティングです。
レギュラーガソリンで使用して、ベストなレスポンスを実現します。

ハイオクガソリンセッティング

ハイオクガソリンで使用することを前提とした、一歩踏み込んだセッティング。
レギュラーガソリンで得た効果を更に強めたセッティングです。

取付は

画像
ターボ車はここが圧力センサー
画像
NA車はここ。

レビュー

★★★★★5.0
加速がヤバい セカンドカーとして使用してますが、これからはメインカーとして使っても良いかな?と思うくらいの加速です。 もっと早く買えば良かった

MINICON-IGD

イグニッションコイルカプラーへの取付による、点火チューニングサブコンです。

取付は

画像
画像
製品です
画像
本体 カプラーが2個
画像
コイル取付ハーネス
画像
付属品
画像
取付開始します
画像
コイルカプラーは、エアボックスの下
画像
インテークパイプのバンドを緩めて、少しずらせるようにします
画像
ボックスをずらしてコイルカプラーへアクセス
画像
カプラーを外す
画像
製品ハーネスのカプラーを割り込み接続(ワンタッチです)

エンジン側カプラーは、確実に奥まで差し込んでください。
これで、ハーネス引き回し固定、製品本体への接続、本体固定で取付完了です。

効果は

トルクが向上し、エンジンピックアップがよくなります。
MINICONと連結すると、トルクが盛り上がってきたところにMINICON制御を加えることができるので、さらなる効果アップが期待できます。

画像

WIDeREDワイドミラー

効果は

画像

純正ミラーの上に貼り付けするだけで、後方視界・下方視界が広がり、車線変更や車庫入れが格段にし易くなります。

画像
視界が広がります(下:純正・上:1000R)

まとめ

画像
三菱ホームページより

アウトドアに最適なデリカミニ。
そんな道中を楽しく、安全にするアイテムをぜひご検討ください。

エクストレイルT32ハイブリッド HT32 / HNT32

まだまだ現役のエクストレイルHT32ハイブリッド。
こちらのエンジンを元気にするパーツをご紹介。

MINICON


H(N)T32ハイブリッドは、エアフロメーターがパルス制御。
MINICONもパルス制御に対応した品番となります。

取付してみよう


エアクリーナーボックスとインテークパイプの接続部分にエアフロメーターがあります。
このカプラーを外し、MINICON製品付属のオスメスワンタッチハーネスを接続します。

取付はこれだけ。
あとは、本体に防水キャップを取付して、エンジンルームに固定します。

レスポンスリングHYBRID


レスポンスリングは、吸気経路に取付するリング状のパーツ。

エクストレイル用は、スロットルへの取付となります。

吸気流速が向上することで、エンジン内での燃焼効率が向上します。

取付しよう

スロットル部分のホースバンドを外す

インテークパイプを外してリングを挿入

取付して、パイプ・バンドを元に戻す

たったこれだけで、エンジンレスポンスが向上。
アクセルに対するエンジンの反応が良くなります。

MINICON-IGD


この製品は、イグニッションコイルカプラーへの接続するサブコンです。
点火タイミングを微細にコントロールすることで、本来捨てられていたパワーを取り戻す、トルクアップサブコンとなります。

取付してみよう


エンジンカバーを外して、点火コイルカプラーへの取付。
こちらもワンタッチ取付となります。


エクストレイルは2番3番への取付

こちらも本体に防水キャップを取付して、エンジンルームへ固定します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
エクストレイル H(N)T32 ハイブリッドのエンジンシステムをパフォーマンスアップする製品。
この3つを取付するだけで、大分アクセルフィーリングが良くなり、運転し易くなります。
運転し易くなると、運転も楽しくなるので、ぜひご検討下さい。

メルカリSHOPオープン

どうも、キープスマイルカンパニーです。
この度、メルカリSHOPを新たにオープンしました。

メルカリショップ


徐々に商品数を増やしていきます。
メルカリで売り買いしたポイントや残高を使用して、便利にお買い物ができます。
また、メルカードで購入すれば、ポイントも超お得。

新型90系ヴォクシー用

今なら送料無料にてお届け!

今人気のデリカミニ用MINICONも

花粉に負けずにドライブを楽しみましょう!

JB64W・JB74W ジムニー&シエラ シンプルスロコン パワープラスブースターEvo

こんにちは。
今日は、ジムニーに使える製品をご紹介。

パワープラスブースターEvo

言わずと知れたスロコン。
このスロコンは、OFFスタート。
しかも、純正形状スイッチ採用。

パッと見、スロコンが付いていることはオーナー以外、分かりません。

フットスイッチ搭載

モードを切り替えるのに、アクセルペダルの操作で行える機能を搭載しています。

いいでしょ。

レビュー

★★★★★5.0
新車が納車されたので早速取り付けてみました。 アクセスのレスポンスがすごく良くなってパワーアップした感じがします。燃費にもそんなにえいきょうしないのではないでしょうか。 快適になりました。

K-BRAIN MINICON

エンジンルームに取付できるサブコンです。

取付は


圧力センサーへの取付。
ツインセンサー制御となり、各々に専用本体を取付。
更に、本体同士をハーネスで接続して連携した制御を行います。

レビュー

★★★★4.0
ハイオク仕様があるので購入しました。 まずレギュラー仕様で走行、パワーアップ感そこそこありました。その後ピボットスロコン付けてかなりいい感じになりました。ハイオクにガソリン入れ替えてハイオクモードで走行、上の回転が鋭くなりました。 もうちょいパワー感欲しかったので、星一つ減らしましたが、概ね満足です。

MINICON-IGD取付

こんにちは、朝晩はめっきり冷えてきましたね~
日中晴れていれば、良い陽気です。

先日、自転車通勤をしていたところ、左折巻き込みを喰らいました。
自動車レーン渋滞中に、左側の自転車レーンを進んでいたところ、急に左側方の車両が歩道を跨いだ先にあるコインパーキングに進路変更。
ほぼ真横だったため、避けることもできずにそのまま衝突。
体を車両側に預けながら、ドアミラーが迫ってきたので、腕で破壊しにいき転倒。
奇跡的に自転車はペダルと車輪を支持するQR以外は無事。

体は右腕の打撲と右臀部の打撲。

右臀部は打撲から若干腰痛が再発したので、治療中です。

しかし、大事に至らず良かったですが、事故後、当事者の相手のおばちゃん、開口一番「ウインカー見えなかったんですか!」だって。
いつから出してたか知らんが、針路変更する前にドアミラー確認しないんかい。
って、おばちゃんと口論しても何も生み出さないので、そのまま警察を呼んでおしまい。

MINICON-IGD装着レポート

で!
デモカーのニッサンルークス(NA)に、MINICON-IGDを装着しましたので、その経過をご報告。

MINICON-IGD

パッケージはこれ

オープン!


開け方に性格が出ますねw

中身は・・・

まず本体

次はハーネス

最後は付属品

さあ、取付開始だ!

取付はこのクルマ

まずは、ボンネットオープン

・・・全くイグニッションコイルが見えません。

各部取り外し



エアクリーナーボックスの手前側を外す。

やっとコイルが見えてきましたが、これではカプラーが外れないので、ボックス全体を少しずらす必要があります。
その為、エアクリーナーボックス左側の10mmボルトを外して、ボックス右側のダクトバンドを緩めます。

バンドを緩める

ボックスをずらす


ボックスをずらしてカプラーへアクセス。
ルークスは、エンジンルーム向かって左側にベルト類が装着されているので、左が1番シリンダーです。

コイルカプラーを外す

製品カプラーの装着


ここで、一点注意。
製品カプラーをコイル側へ装着する際、きっちりと奥まで挿入すること。
ゴムシールが効いて手前側で一度止まってしまうので、奥までロックピンが「カチっ」と言うまで差し込む。

本体設置とハーネスの取り回し

付属のタイラップを使って、ハーネスを本体設置場所まで固定しながら引き回します。

外したパーツを元に戻す


外したボックスカバーやボルト、緩めたバンドを締め直して、ハーネスと本体を接続して作業完了です。

エンジンをかけて、問題無く吹け上がることを確認してください。

乗った感じは・・・

出足、さらに加速感が一回り大きいクルマに乗っているような感覚です。
これは、体感できる効果が出ています。

皆様も是非、体感ください。

※ワイドミラー専門WIDeRED店での販売となります。

その他車種用はコチラ

MINICON-IGD発売

こんにちは!
秋も深まって、紅葉も本格シーズンです。
そんな中、私はサイクリングを楽しんでいます。

さて、この度、新商品をリリース致しました。

MINICON-IGD

商品概要

エンジンの点火システム「ダイレクトイグニッションシステム」をコントロールし、本来未燃焼ガスとして排出されてしまう燃料を有効活用。
エンジン回転の同一サイクル内で発生されるパワー&トルクを向上させることに成功しました。

取付方法

取付はMINCONシリーズ伝統のカプラーオンワンタッチ取付。
エンジンルーム内、エンジン上にあるイグニッションコイルカプラーへの接続となります。


本体は、エンジンルームへの取付となります。

エクストレイル T32

MINCONとの連携

本製品は、別売ハーネスによってMINICONと連携させることが可能です。
本製品で検出したエンジン回転数に応じて、MINCONを制御。
エンジントルクバンドでMINICONを作動させることで、更にトルクの盛り上がりを体感できます。

幅広い適合車種

トヨタ、日産の様々な車種へ適合します。
さらにホンダ用、スズキ用も開発中です。

MINICON-IGD
MINICONゲージ発売

こんにちは。
シエクルより、新製品が発売されました。

その名も「MINICONゲージ」。
MINICONゲージ
MINCONと接続して、エアフロ流量%や、ターボ車ならブースト圧の表示をすることができるメーター機器です。

製品のメーター本体はコチラ。
レスポンスブースターFAのディスプレーと同じ外観ではありますが、ELディスプレーは新型を採用。

このような形で取付。
ブーストやエアーフロー流量をグラフや数値で表示。
さらに、MINICONの制御具合も表示します。


ピークホールド機能も搭載。
さらに、昨年から発売しているMINICONで青線が装着されている製品なら、このゲージでMINICON自体のON/OFFも可能。


これでMINICONがどのように制御を行っているかが一目でわかります。
さらに、バッテリー電圧も表示可能。




当然、弊社製MINICON HYBRAIN、K-BRAINへの装着も可能。

MINICON HYBRAIN


お買い上げはこちらから
MINICONゲージ