キープスマイルカンパニー 公式ブログ
シエンタ特集

シエンタとは…

画像
Wikipediaより

初代はP80系。こんなにかわいい雰囲気の小型3列ミニバン。
私も昔愛車でした。
乗った感じは、ヴィッツを運転しているような感じですが、一家4人で乗っても狭さは感じません。
これは、薄肉アルミメッキ鋼板扁平燃料タンクの採用に依るところが大きいそうです。
最後列の2名乗車シートは、緊急用って感じでしたが、180cmの私が乗っても1時間程度であれば、まったく問題ありませんでした。
パワーも及第点で、良い車でした。

2代目はハイブリッド

画像
Wikipediaより

P170系は、アクアと同じハイブリッドシステムを搭載して登場。
モーターだけは若干のパワーアップをし、システム出力100ps。
一気に燃費マシーンとなり、売れに売れたモデルになりました。
先代同様、扁平燃料タンクの採用により、コンパクトな車格ながら広い室内空間を実現しました。

そして3代目へ…

画像
Wikipediaより

MXPL10/15系は、ヤリス・2代目アクア同様、ダイナミックフォースエンジンハイブリッドを搭載。
システム出力は116ps。先代より16psアップ。
エクステリアデザインは、フランス車を意識したような、オシャレな雰囲気です。
3列目は、シエンタ伝統の2列目下に収納できるため、広くて高さのあるラゲッジスペースを実現しています。

シエンタ用パーツをご紹介。

MINICON

MINICON-Advanced

NHP170のみAdvancedの設定あり

レスポンスリングHYBRIDダブルリング

MINICON-IGD

パワープラスブースターEVO

NHP170は純正形状スイッチ。MXPL10/15は貼り付けタイプスイッチ。

WIDeREDワイドミラー

LEDウインカーコンプリート&リバースセット

まとめ

シエンタは、家族全員を満足させることができる、良い車だと思います。
そんなシエンタの運転を楽しくする、パーツをぜひご検討ください。

スズキ ソリオMA#6/#7S特集

ソリオとは

スズキが販売する、ソリオ。
5人乗りながら、左右スライドドアを有する新たなカテゴリーを築いた名車です。
その後、トヨタダイハツ連合にパクられましたが、未だその元祖であることには変わりありません。
スライドドアは便利で欲しいが、ミニバン程の大きさは嫌だ。
という、絶妙に母親目線なソリオです。
そんな、ソリオのエンジンは1.5L。そしてハイブリッド設定あり。
オルタネーターモーターのマイルドHV
高出力モーターのストロングHV
その1.5LエンジンをチューニングするのがHYBRAIN!

MINCON

取付箇所は・・

ソリオ1.5LエンジンのMINICON接続先は、スロットルボディの圧力センサー。

レスポンスリングとMINICONの取付位置


取付はワンタッチ。製品同梱のオスメスカプラーで簡単取付を実現。

レビュー

★★★★★5.0
取り付けはとても簡単で、付けた感じはとても満足しました。 出足がハッキリ違うのが感じられました。

レスポンスリングHYBRID


ソリオの出足を加速する、レスポンスリングHYBRID

タイプは2種類。

HR:低中速重視
MR:中高速重視

お好みのリングを選択可能です

取付は・・


リングの取付は、ゴム製インテークパイプと樹脂製エアクリーナーボックスをホースバンドを緩めて外して、ボックス側にリングを挿入。
インテークパイプを元に戻して、ホースバンドを締めて完了です。

MINICON-IGD

エンジン上の点火コイルへのワンタッチカプラー取付で、トルクアップ効果を体感できます。

パワープラスブースターEvo


シンプルスロコン、パワープラスブースター。
OFFスタートで、スイッチONで効果を発揮します。
取付は、アクセルペダル上部のアクセルセンサーカプラーへのワンタッチ接続です。

取付は・・


MA#6S系は、純正形状スイッチ。


MA#7S系は、貼り付けスイッチとなります。

WIDeREDワイドミラー


ソリオの後方視界を広げて、車線変更や駐車運転を飛躍的にし易くする。

取付は・・


付属のクリーナーで純正ミラーを脱脂


高品質ガラス製の製品に付属の吸盤を貼り付けして


慎重に位置決めして、貼り付けます。


完成
色々なカラーでオシャレに


純正っぽいクロームですが、純正より防眩効果は高いです


ゴールド。黄色・赤系のボディにベストマッチ。夜間の視認性が高いです。


ベーシックなブルー

まとめ

ソリオ用パーツ、いかがでしたでしょうか?
どれも、ソリオの運転を楽しくし、安全運転に寄与するパーツです。
ぜひ、ソリオ・ソリオバンディッドを楽しみましょう。

シンプルスロコン★パワープラスブースターEVO -PWR+BOOSTER EVO

こんにちは!

あと少しで楽しいドライブシーズン!

そんなドライブを楽しく、快適にするパーツ、スロコン!

スイッチオン!でアクセルフィールをスポーツカーのように!
少ないアクセルワークで快適に運転する事ができます。

取付は難しい?

まずは図解にて
パワープラスブースター

本体には、電源ハーネスアクセルセンサーハーネススイッチハーネスの3本を接続

アクセルセンサーハーネスは、アクセルペダル上部の純正カプラーを抜いて割り込み取付。

重要!電源について

電源は、どこでも良い訳ではありません。
電源の品質が悪いと、ノイズが本体に悪影響を及ぼし正常に作動しない場合があります。
できるだけ、取付説明通りのOBDカプラーから電源を取ってください。
出来ない場合は、単独で電源がとれる場所(運転席足元右側のジャンクションカプラーの空部分など)から取ってください。

レビュー集

★5 アクア
アクアにパワーモードが付いた。
シンプルなスロコンと言う事で購入しました。
ちなみに、取り付けはシンプルじゃないですね。。
今回はカーナビから電源・イルミ・リバースをエレクトロタップで拝借。
最初にスポーツモードを試しましたが、スポーティーながら実用的な感じ。
次にパワーモードを試しましたが、レスポンスの良い純正パワーモードのような感じ。パワーモードだと多少は踏んでも、ほとんど燃費に影響しませんね。
どちらのモードでも、普通に街乗りが可能で、とても面白いです。
これなら、純正+αで楽しめますね。
———————————————
★5 アクア
すごい
期待以上でした。
初期設定では確かに敏感すぎるかも!?
アクセルコントロールに少し苦戦
慣れてしまったら、満足できないかもしれないけど、とりあえず満足です。
———————————————
★5 アクア
商品取り付けも説明書がついていてとても分かりやすくとてもいいです。パワースイッチを押すと、物凄い加速が出来ます。燃費は落ちます。パワースイッチの白色LEDがもう少し明るければ言う事なしです。
———————————————
★5 プリウス
何よりショップのアフターサービスが迅速でビックリします。
万が一の不良品も即座に対応していただけるのが非常に良いです。
当方、不良品引きましたが動作確認出来るまでサポートして頂けました。
商品は細かい設定が出来ない(2パターン)ですが吸排気チューンによるパワーアップを殺さないために十分な性能を備えています。
排気チューンによる低回転のトルクダウンによる燃費低下に対して中高速回転までの移行が速くなるため燃費の低下が無くなるという特徴があります。
トルクの無くなった低回転域は使わなければ良いという感じです。
パーツとしてただのアクセルワークの変化を狙うだけのものですが、体感は他のパーツより確実に劇的変化を生みます。
お薦め商品です。
———————————————
★3 プリウス
運転楽になりました
取り付けに関しては取説見ながらやれば難しくはないと思います。使い心地は軽く踏み込むだけで加速が楽になりました。燃費も少し良くなった気がします。踏み込み方によっては逆に燃費悪くもなりますので、あくまでも燃費よりも、加速が良くなり運転が楽になり、運転を楽しみたい方向きです
———————————————
★5 アクア
満足満足〜♪
商品到着しました。
取り付け時にカプラーの位置間違いで質問しましたが、とても分かり易い説明で助かりました。
それ以外は、超簡単に取り付け出来ました。
取り付けの感想は
爆発的とまでは行きませんが、走行中スイッチ入れた瞬間
クンッとパワーが上がる感覚がありました。
見た目は、どノーマルw
パワーモードがないアクアGsなので、1ランク上がったGsになりました。
なかなかいい感じです♪
———————————————
★5 シエンタ
ショップの対応良し
アクセルハーネスの取り付けに少々苦労しましたが、コツをつかめばそれも簡単に出来全体としての取り付けは簡単でした。
ですが、取り付け後に初期設定が出来ず、販社にメールで問い合わせ→翌日には返答があり言われたことを実行するもののやはり初期設定ができず。今度は電話をかけると親切に対応していただき、不良と思われるスイッチ部分を送っていただきました。ですが、それを交換しても初期設定できず(苦笑)
再び電話をしたところ本体とアクセルハーネスを送っていただき、それに交換した所上手い具合に初期設定も完了しました。
結果として、初期不良だったようですが、気持ちよく対応していただき結果として大変満足しています。
———————————————
★4 シエンタ
普段そんなに使うことはないのですが…ボタン一つで力が出るので坂道などでは進行しやすいです。
青色のLEDもいい感じでドレスアップした感もあり、いい商品だと思います。
このボタン一つでパワーアップするので、この商品はオススメします☆
———————————————

お買い物や詳細はコチラから

エンジン燃料制御について

こんにちは、久しぶりの投稿です。
今回は、弊社製品が具体的に、エンジンシステムのどの部分で役に立っているか、図解で説明いたします。(エアフロ制御の場合)

まず、エンジンの概略図です。
エンジン制御
まず、簡単に説明しますと、
1. エアクリーナーボックスから空気が吸い込まれる
2. エアフロメーターで「吸気温度」と「吸気量」が計測される
3. インテークマニホールド内の圧力が計測される
4. シリンダー回転数が計測される
5. これら情報がECUにて計算されて、インジェクターへ燃料の噴射量の情報が送られる
という流れです。

弊社製品のHYBRAINのサブコンシリーズは、これらセンサー類に対して個別に対応しております。

エアフロメーター・・・MINICON


エアフロメーターでの測定結果に対して、MINICONで制御を入れます。
取付はエアフロメーターのカプラーとなりますが、

結果的にECUへ制御を入れていることになります。

吸気圧センサー・・・MINICON-Advanced


こちらも同様吸気圧センサーカプラーへの取付となります。
センサーカプラーへ接続することで、ECUへ接続していることと同じこととなり、燃料噴射量の決定に影響を与えることとなります。

インジェクター・・・MINICONアルファ


インジェクターカプラーへ接続し、燃料噴射タイミングを制御。
エンジンの回転レスポンスを向上させる効果があります。

これらの制御に、スロットルコントローラーによるアクセルセンサー制御

を加えることで、アクセル操作に対する車両の反応が全く別次元のものとなるのです。
ZVW51 ローダウン

ヴェルファイアハイブリッド30

HYBRAIN トリプルレスポンスセットの威力

こんにちは!
今日は、HYBRAIN特盛セットというべき、トリプルレスポンスセットのご紹介。

このセットは、トヨタハイブリッドカーを運転し易くするためにお手軽に取付できる3点をセットにしました。
まず1点目
MINICON

MINICON

この製品は、エンジンルームのエアクリーナーボックスに取付されているエアフロメーターのカプラーへワンタッチ取付するサブコンです。
取付方は・・・
プリウス エンジンルーム
エンジンルーム内のエアクリーナーボックスにあるカプラーを確認

ZVW50系はこのカプラーです。

後部のロックピンを押しながら引き抜きます。

で、製品付属のカプラーを割り込みワンタッチ接続

そして、製品側のカプラーを、エアフロセンサーへ取付します。


完成写真

MINICONとワンタッチカプラーのハーネスを取付して、製品を固定すれば取付完了


製品は、雨水の掛からない純正ECUやリレーボックスの側面等に取付してください。

レスポンスリングHYBRID

レスポンスリングHYBRID
このリングを吸気経路に2個設置することで、各々役割を果たします。
1個目 エアクリーナー側リング

こちらを設置することで、エアフロセンサーを通過する吸気流速が上がり、流路センター付近の流速が上がります。
エアフロセンサー付近の気流が活発となり、エアフロセンサーの反応が良くなります。

2個目 スロットル側リング


スロットル側にもう1個リングを設置することで、エンジンへ流入する前に吸気を再加速。
アクセル操作に対するエンジンの反応が良くなります。


このような概略図です。

パワープラスブースターEVO

パワープラスブースターEVO
こちらはスロットルコントローラーです。
シンプルに設計されており、難しい操作は不要です。
あらかじめ、最適に設定された2種類のパワーカーブからチョイスして、純正形状スイッチをオン/オフするだけです。
こちらも取付は
パワープラスブースター
このような概略です。
純正形状のスイッチは、このように自然な取り付けが可能。


この3点にプラスして、MINICONアルファや
MINICONアルファ

レスポンスブレードHYBRID

なども取付すると、さらなるステップアップが可能です。

キープスマイルカンパニー各店舗はこちら
https://store.shopping.yahoo.co.jp/keepsmile-store/
https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-keepsmile/
http://keepsmile.shop-pro.jp/

レスポンスリングHYBRIDダブルリング仕様 レビュー特集

こんにちは!
本日は、レスポンスリングHYBRIDダブルリング仕様のレビュー特集をお送りします。
レスポンスリングHYBRID

ダブルリング仕様って?

レスポンスリングは、エアクリーナーボックスのインテークパイプ側の内径側に挿入して取付します。

この部分の手前に「エアフロメーター」という、吸気流量や吸気温度を計測するセンサーがあります。
その部分の流速を上げることで、センサーのセンシングレスポンスを向上させて、実際の流量とセンシング内容を出来るだけ一致させて、エンジンレスポンスをアップします。

そして、エンジンに程近い「スロットル側」にもリングを装着することで、実際にエンジンへ流入する吸気流速を向上させて、更なるエンジンレスポンスアップを実現しています。

取付は???

まずは、エアクリーナーボックスとインテークパイプを取り外します。

そして、スロットル側へリングを取付。

そして、エアクリーナーボックス側にもリングを挿入。


これで、パイプ類を元に戻して完成です。

アクセル踏んで、エンジンが掛かってからのエンジンの立ち上がりが改善されます。

お客様レビュー集

レスポンスリングHYBRIDダブルリング仕様
レビュー
◆ノアハイブリッドZWR80
★★★★ 4.0 商品説明通り
確かに低速域のトルクが付き、アクセルレスポンスが向上しました。さらに
燃費も15kl前後が、17kl前後で推移。非常に良い感じですね。

★★★★★5.0
ハイブリッドでもエンジン始動時のトルクアップが感じられました。

★★★★★5.0
取付までは半信半疑でしたが、しっかり燃費向上しました♪

◆アクア
★★★★★5.0 出だしがとても良いです。
走り始めがとっても良くなりました。
軽~く走りだしてくれる感じです。
取り付けて、すぐに効果が体感できました。

★★★★★5.0 ダブルリング
低速・高速ともに対応!トルク感upします!加速いい感じですね!

★★★ 3.0
レスポンスリングを取り付けする前に、パワープラスブースターを先に取り付けているせいか思ったより走りが変わったようにおみません

★★★★★5.0 個人的な意見ですが・・・「良いです」
セッティング楽です。
体感的にはアクセルの踏み込みにリニアな感じになっています。
出足もいいです。
高速ではエンジンの性能に応じた伸びですが、エンジン音はかなり改善されています。スカスカに抜けた音がタイトな吸気音になっています。
ハイブリットはこんなもの?とあきらめている方には試してみる価値はあります。

★★★★★5.0 加速が良くなりました!
出だしでもたつき感がありアクセルを結構踏んでいましたが、これをつけたら解消されてあまり踏まなくても加速するようになりました。

◆ヴェゼル
★★★★★5.0
出だしと高速までのストレスがなくなりました。今度はミニコンを付けたいと思います。

◆プリウスZVW30
★★★★★5.0
対応も早く親切でした
早速30プリウスに取り付けました
確かに加速感は上がりました
思った以上に軽く加速します
次は、ミニコンですかね

★★★★★5.0 またまた購入
以前86に取付して変化大だったので、エコカーにも購入。
トルク感は上がった!
あとは電スロをどうにかしなきゃ

◆プリウスZVW50系
★★★★ 4.0
スロコンを2ヶ月使用後での取り付けだったので、すごいっていうのは感じられませんが、走行中アクセルを一定に保ちながらでも、加速してる感じです。

MINICONとの優れた連携


MINICONで補正された燃調にレスポンスリングHYBRIDの吸気流速向上はベストマッチ。
多くの方が満足されています。

ダブルリング適合車種

アクア
カローラフィールダーハイブリッド
カローラアクシオハイブリッド
シエンタハイブリッド
プロボックスハイブリッド
サクシードハイブリッド
プリウスZVW30/35
プリウスZVW50/51/52/55
プリウスα
CT200h
ノアハイブリッド
ヴォクシーハイブリッド
エスクァイアハイブリッド
C-HRハイブリッド
カローラスポーツハイブリッド
フィット3ハイブリッド
ヴェゼルハイブリッド
シャトルハイブリッド
ジェイドハイブリッド

ホンダ フィット3 MINICONレビューの巻

MINICONフィットGP5

★★★★★5 なかなかいい感じ

走ってみるとトルクアップ感は結構感じられました。
低・中速域重視との事で高速走行ではどうかと走ってみたんですが、詰り感はなく、それなりの伸びはありましたね。
最大の利点は、取付後に多少燃費が良くなったこと。また、時々起こるバカふけ(突如エンジン回転が上がる)現象がなくなったことですね。
気のせいかDCTのカクカクも少なくなったような気がします。

★★★★★5 おすすめです

元祖ミニコン、某メーカーのサブコン、そして今回のMINICONと戻ってきました。ATに不可欠な低速トルクは増える感ありでいいです。OBD2にさすタイプのサブコンは、どうしてもアクセルラグタイムがあり、高回転域のパワーは出るのですが、出足のアクセルのツキが悪くなるのがいやで、これに戻ってきました。ハイオク仕様でさらにトルクが増える感がありがたいです。

★★★★4 う~ん (;´_ゝ`)

商品の説明通り確かにスピードが気持ち良く出るのですが、走り方次第で燃費は悪化します。
取り付けて走りをとるか、外して燃費をとるか…未だに悩み中です(–;)
追記…装着後、燃費の悪化はあまり感じられなかった為に星一つ追加します。

★★★★★5 調子よいです。

初めて、フィット3HVのサブコンを購入しましたが、
S1モードで使用していますが、エンジン音が心地良くなって、燃費も良くなったようです。いずれハイオクモードにして試すつもりです。

皆様ご満足ですか?

ハイブリッドカーのNAエンジンへのサブコンのため、ブーストアップしたような効果を得ることはできませんが、エンジンかかり始めの「やぼったい」エンジンレスポンスを向上させてストレスを軽減させる効果はあります。
アクセル一定でもどんどん加速していくような感覚です。
パワープラスブースターEVO

も組み合わせてお使いいただけると、更なるレスポンスアップ効果、疲労軽減効果があります。

フィット3 GP5 MINICON
トリプルレスポンスセットもありますよ

満を持して、エクストレイルT32ハイブリッド用サブコン 発売

日産 新型エアフロ用燃調コントロールシステム開発

エクハイ用MINICON発売

エクストレイルT32型は、ハイブリッド登場の2015年4月以降エアフロメーターの方式が変更されました。

T32ハイブリッド エンジンルーム

新方式では、従来の電圧の連続出力によるセンシングから、パルス方式のセンシング方法へと進化しました。
従来の方式から変化し吸気量の計測方式のため、我々も従来のシステムがから燃料調整の方式を進化させることが必要となりました

そこで、MINICONの制御を根本的に変更。
制御開始点のコントロールのためスロットルセンサーを利用。
エアフロメーターのパルス制御も解析し、エクストレイルハイブリッドの最適な燃料調整コントロールを探し出しました。

取付はカプラーオンカプラーでワンタッチ

スロットルカプラー

エンジンルーム室内側に位置する、スロットルセンサーの6極カプラーに本製品の1つ目のカプラーを接続します。

エアフロメーターはエアクリーナーボックス脇

本体はエアクリーナーボックスへ貼り付け固定です。
モードは2種類。レギュラーガソリンモードとハイオクガソリンモード。
まずは、レギュラーガソリンモードでお試し下さい

効果の程は・・・

まず、エンジンが掛かってから、アクセルを踏んだ時のトルク感が増大。
なにより、燃費が少し良くなるので、その効果が一番実感できるかもしれません

気温や湿度など条件が良ければ、下道でもこんな数字が。

万が一本体にトラブルが生じても、オートでノーマル復帰する制御となっておりますので、安心してご使用いただけます

エクストレイルハイブリッド入庫

こんにちは、スマイリー(^^♪です。
デモカーに、エクストレイルハイブリッドが加入。

色々と開発していきたいのですが、まずは「パワープラスブースターEVO」を装着。
スイッチは、若干手前に出てしまいますが、純正スロットへ装着。
パワープラスブースターEVO ホンダ

エクストレイルT32型の運転席右側の空きスロットへ装着

ここにスイッチを装着します。

簡単に見えますが、結構面倒。
スイッチスロットは2段になっておりますが、1段ずつブラケットに収まっています。
上段ブラケットはネジ3個を外して空きスロットを空ける必要があります。

で、装着完了。

初期設定も行い、装着完了!

近日発売予定です。

HYBRAIN パワープラスブースターEVO ホンダver.登場

こんにちは、本当に暑い日が続いています。
また、西日本豪雨災害で未だ復旧されていない方々、心よりお見舞い申し上げます。

さて、新型パワープラスブースターEVOに新形状スイッチが登場。
ホンダスイッチ
ホンダ スイッチ装着

まだ、商品ページに反映できていませんが、以下の車種が適合となります。

新規適合車種ホンダ

・N-WGN JH1/2
・アコードハイブリッド CR6
・ヴェゼル RU3/4
・オデッセイ RC1/2/4
・グレイス GM4/5/6/9
・シャトル GK8/9
・シャトルハイブリッド GP7/8
・ジェイド FR4/5
・ステップワゴン RP1/2
・ステップワゴンスパーダ RP3/4
・フィット GK3/4/5/6
・フィットハイブリッド GP5/6
パワープラスブースターEVO ホンダ
スイッチオンでスロコン作動。

だけではなく、

フットスイッチ搭載!


アクセルの操作によって、スロコンを操作可能です。
まず、エンジン始動後に1回アクセルを踏んですぐに離すと「スポーツモード」へ。常用可能なスポーツモード。
もう一回アクセル操作を行うと、「PWR+モード」主に高速道路の追い越し等に使える強烈加速モードです。
PWR+モードでは安全のため動作中に警告音を発します。
工場出荷モードでは、アクセルを一定時間操作しないとスロコン機能をOFFにする安全設計。

唯一のアクセル特性

特にアクセル踏み始めのレスポンス向上を重視したセッティングです。
まるでスポーツカーに乗り換えたかのような、アクセルフィーリングになります。

フィット3用は発売中