キープスマイルカンパニー 公式ブログ
ホンダ フィット4用 ワイドミラー

昔のフィットは1000Rミラーだった

歴代フィットのオーナー様はご存じかもしれませんが、フィットのドアミラーは昔1000Rでした。
1000Rは、WIDeREDワイドミラーの標準ワイドと同じ曲率です。
フィットは、純正でワイドミラーを採用していたんです。

それが、何故か、フィット3から通常の1400Rに変更となりました。

画像
フィット4用

裏面の両面テープも工夫を

画像

純正ミラーに貼り付けした際に安定性を確保するため、両面テープの配置も手作業です。

みんからのレビューなんかを見ていただくとお分かりいただけると思いますが、取付することで、ものすごく安全運転に寄与することができます。
また、駐車スペースの白線も見えるようになるので、まるで運転が上手くなったかのような感じとなります。

フィット4だけでなく、様々な車種に対応していますので、ぜひご覧ください。

パワープラスブースターEvo!

シンプル イズ ベスト!

HYBRAIN パワープラスブースターEvoは、シンプルな操作、シンプルな構成で、満足できるスロットルコントローラーとしての機能を搭載した製品です。

画像

本体、スイッチ、アクセルセンサーハーネス、取付用両面テープ・タイラップなど、取扱説明書、といった、最低限の構成です。
OFFスタート設定となっており、スイッチオンで走りを激減させることができます。

取付方法は・・・

画像

1.キースイッチをOFFし、5分程度待つ
2.アクセルペダル上部の純正センサーカプラーを抜く
3.製品のアクセルセンサーハーネスを取付する
4.電源ハーネスに付属の赤線を接続してOBDの指定箇所へ取付
5.スイッチを純正スロットへ取付
6.スイッチの橙線をイルミ電源+へ接続
7.コントローラー本体へ各コネクターを接続
8.各ハーネスは運転中に足に絡まらないように引き回して固定
9.本体を固定
10.キースイッチをONして初期設定を行う
11.エンジンを始動して、スイッチが消灯していることを確認
12.スイッチを押して、青LEDが点灯すれば取付完了

取付例

画像
ホンダ用(ヴェゼルRU・フィット3など)
ハイブリッドだから速くできる! ※過去記事アーカイブ

【最新型車 追従のハイテック】

ハイブリッドカーの能力を余すことなく引き出すテクノロジー

「ハイブリッドだから速くできる」
新型プリウスは、先代モデルより格段に進歩したと評判だ。
ハイブリッドならではの好燃費。
しっかりとしたボディに優れたハンドリング。
乗り心地もかなり良い。
でも走りの性能は、というとあまり変わっていないようだ。
燃費重視のハイブリッドカーだから、走りはこんなものでも十分だ。
しかも複雑なハイテク車だから、チューニングするのも難しい、と諦めている方もいるに違いない。
でもその考えはまったく反対。エンジンとモーターを搭載し、ハイテクを駆使しているハイブリッドだからこそ簡単に速くすることが可能なのだ。

例えば純正でもエコモード、パワーモードに切り替えて、走りのフィーリングを簡単に変えることが可能なのはご存じの通り。
つまり、プログラムを解析することで、純正以上のセッティングを自在に施せる。
また、エンジンに関しても省エネ重視の仕様となっているので、パワーを引き出す余裕がある。
電子制御を燃費が悪化しない範囲内で、もう少しパワーよりに振ってやれば、想像以上に胸のすく走りを堪能でいるように仕立てられる。
キープスマイルカンパニーがあらたに立ち上げたハイブリッドカーのためのチューニングブランド「ハイブレイン」は、ハイブリッドカーだからこそ気分良く走りたい、と願っているオーナーたちの為に誕生したものだ。
エンジンのかかり始めから、車がスムーズに前に出る感覚を生み出す燃調コントローラーの「MINICON」。

画像

燃料噴射時期コントローラーの「MINICONα」そして、スイッチを押すだけで瞬時にモワパワーが得られるシンプルスロットルコントローラーの「パワープラスブースター」といった電子チューニングパーツを展開。これらを装着した50プリウスは、その気になればスポーツカー並みのガツンとくる強烈な加速を味わうことが可能になる。

画像
画像

また、エコモードの状態でもストレスのないスムーズな走りを実現。そんな気持ちの良い走りを得ながら、燃費に大きな悪影響を及ぼさないようにセッティングされているのも、電子チューニングのなせる技といえるだろう。
装着に関してもカプラーオンで簡単に装着可能なように設計されており、また、簡単にもとに戻すことが可能。
装着状態でもすぐにノーマルモードにできるので、万が一トラブルが発生した場合でも安心なのもいい。
それぞれ独立したアイテムなので、好みに応じて個別装着しても構わないし、効果もちゃんと体感できる。
しかし、フルにハイブリッドカーの性能をアップさせたいのであれば、トータルバランスを考えると、やはり全アイテムを装着するのがおススメ。ハイテクを搭載したハイブリッドカーだからこそ、そのハイテクを応用した電子チューニングで、愛車を返信させてみてはどうだろう。
(三栄書房:カーグッズマガジン抜粋)

レスポンスリングHYBRID送料キャンペーン継続決定!

レスポンスリングHYBRIDとは

愛車のエンジンルーム、エアクリーナーボックスのパイプ接続部分に製品を取付して、吸気効率をアップさせる製品です。
効果としては、エンジンレスポンスの向上、燃焼効率の向上を得られます。

取付は・・・

画像
画像
エアクリーナーボックスとパイプを外して
画像
製品を挿入して元に戻すだけ

こんな効果が・・・

画像

装着するとこんなトルクイメージ

画像
画像
雑誌で紹介されたことも!
画像

更に効果を上げる「ダブルリング」

画像

スロットル側にもリングを設置

エアクリーナー側で加速させた吸気流速を、スロットル側で更に加速。
アクセル操作によって動いたスロットル弁と同時に加速された吸気がエンジン内へ一気に流入。

画像
画像
画像

レビュー

★★★★★5.0(アクア)
ミニコンα・ミニコン・ミニコンアドバンスと付けて、良くはなったが今ひとつ加速感が物足りなかったので ダメ元でダブルリングを付けました。結果大満足です。スロコンを付けているのもあるでしょうが、少し アクセルを踏んだだけでスーと加速する感じです。今までの音ばかりとは一寸違う感じです。 アクセルの踏み過ぎに注意ですね。

★★★★★5..0(ZVW50系プリウス)
ミニコン+ミニコンアドバンス+ミニコンαを同時装着のため、単体での効果は検証してませんが、明らかに加速のスムーズさが増しました。 基本的にパワーモードでの使用のため、早い段階でエンジンが作動し恩恵を沢山受けております。

レスポンスリングHYBRID ダブルリング

こんにちは!
今日は、レスポンスリングHYBRID ダブルリングについて解説します。
レスポンスリングHYBRID

レスポンスリングHYBRIDとは

本製品は、主にアトキンソンサイクルのハイブリッドカー用エンジンの吸入空気量をリングにより調整することにより、エンジンが掛かった際の反応を良くして運転をしやすくするためのものです。

アトキンソンサイクルエンジンの場合、吸気バルブば開いている時間が長い為、吸気流速をゲインし難い設計となっております。
その代わり、ハイブリッドカー特有の頻繁なエンジンの動作/停止の際に反動が起きにくく、極めて自然な動作が可能となります。
そこで、このリングを導入することで、一定程度の空気の流れを速める事ができ、反動については影響を与えることなく、エンジン動作時のアクセルに対するエンジンのレスポンスを向上させることが可能となります。

ダブルリングの設置図


ダブルリングは、このようにエアクリーナー後とスロットルボディ前にリングを設置します。

エアクリーナー側リング


エアクリーナー側は、このようにボックス後ろのインテークパイプのホースバンドをボックスレンチ等で緩めて、パイプを外す。
そして、リングを挿入して元の状態に戻すのみです。

スロットル側リング


スロットル側は、少し面倒です。
車種や年式により異なるのですが、インテークパイプを完全に外す必要があります。
そこで、スロットルボディとインテークパイプを接続するホースバンドが、クリップ式の場合があります。

アクアNHP10の場合

この場合はボックスレンチでは外れないので、別途ウォーターポンププライヤーかホースクリッププライヤーが必要となります。
無事外れれば、あとは

リングを取付してインテークパイプを元に戻すだけです。

MINICON・MINICON-Advancedとの相乗効果

本製品だけでもエンジンレスポンスアップの効果があるのですが、MINICON・MINICON-Advancedと併用することで、更なるパフォーマンスアップが可能です。

レスポンスリングHYBRIDダブルリングのお買い上げは


※弊社直営ワイドミラー専門店からのお買い上げとなります

レスポンスブレードHYBRIDについて

こんにちは!
キープスマイルカンパニーです。
今日はハロウィンの日
私が子供のころは、はありませんでしたが、もう毎年恒例のイベントとなっていますね。

さて、

についてご紹介です。
エアフロメーターは、吸気の流量と吸気温を計測するセンサーです。

このセンサーの中を通る吸気量を計測して、エンジンへ送り込む燃料の量を決定しています。

しかし、このセンサーは空気の出入りに適した形状かといわれると・・・・
レスポンスブレード

このように、エアフロメーター周辺を高速で通過する吸気とメーター内を通過する吸気で干渉が起きております。

そこで、エアフロメーター内を通過する吸気流の出口の乱流を防ぐために羽根を設けました。


こうすることで、低速時からセンサーへ吸気流が通過し易くなり、エンジンレスポンスを向上させることに成功しました。

これにより、センサー特性が変化するため、その情報を補正するためにサブコンをセットとしました。
もちろん、MINICONを装着していない車両にも取付可能です。

アクア、プリウス、ノア、ヴォクシー等のトヨタ車だけでなく、フィットやヴェゼル、オデッセイハイブリッド等様々なハイブリッドカーに対応しています。

HYBRAIN トリプルレスポンスセットの威力

こんにちは!
今日は、HYBRAIN特盛セットというべき、トリプルレスポンスセットのご紹介。

このセットは、トヨタハイブリッドカーを運転し易くするためにお手軽に取付できる3点をセットにしました。
まず1点目
MINICON

MINICON

この製品は、エンジンルームのエアクリーナーボックスに取付されているエアフロメーターのカプラーへワンタッチ取付するサブコンです。
取付方は・・・
プリウス エンジンルーム
エンジンルーム内のエアクリーナーボックスにあるカプラーを確認

ZVW50系はこのカプラーです。

後部のロックピンを押しながら引き抜きます。

で、製品付属のカプラーを割り込みワンタッチ接続

そして、製品側のカプラーを、エアフロセンサーへ取付します。


完成写真

MINICONとワンタッチカプラーのハーネスを取付して、製品を固定すれば取付完了


製品は、雨水の掛からない純正ECUやリレーボックスの側面等に取付してください。

レスポンスリングHYBRID

レスポンスリングHYBRID
このリングを吸気経路に2個設置することで、各々役割を果たします。
1個目 エアクリーナー側リング

こちらを設置することで、エアフロセンサーを通過する吸気流速が上がり、流路センター付近の流速が上がります。
エアフロセンサー付近の気流が活発となり、エアフロセンサーの反応が良くなります。

2個目 スロットル側リング


スロットル側にもう1個リングを設置することで、エンジンへ流入する前に吸気を再加速。
アクセル操作に対するエンジンの反応が良くなります。


このような概略図です。

パワープラスブースターEVO

パワープラスブースターEVO
こちらはスロットルコントローラーです。
シンプルに設計されており、難しい操作は不要です。
あらかじめ、最適に設定された2種類のパワーカーブからチョイスして、純正形状スイッチをオン/オフするだけです。
こちらも取付は
パワープラスブースター
このような概略です。
純正形状のスイッチは、このように自然な取り付けが可能。


この3点にプラスして、MINICONアルファや
MINICONアルファ

レスポンスブレードHYBRID

なども取付すると、さらなるステップアップが可能です。

キープスマイルカンパニー各店舗はこちら
https://store.shopping.yahoo.co.jp/keepsmile-store/
https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-keepsmile/
http://keepsmile.shop-pro.jp/

レスポンスリングHYBRIDダブルリング仕様 レビュー特集

こんにちは!
本日は、レスポンスリングHYBRIDダブルリング仕様のレビュー特集をお送りします。
レスポンスリングHYBRID

ダブルリング仕様って?

レスポンスリングは、エアクリーナーボックスのインテークパイプ側の内径側に挿入して取付します。

この部分の手前に「エアフロメーター」という、吸気流量や吸気温度を計測するセンサーがあります。
その部分の流速を上げることで、センサーのセンシングレスポンスを向上させて、実際の流量とセンシング内容を出来るだけ一致させて、エンジンレスポンスをアップします。

そして、エンジンに程近い「スロットル側」にもリングを装着することで、実際にエンジンへ流入する吸気流速を向上させて、更なるエンジンレスポンスアップを実現しています。

取付は???

まずは、エアクリーナーボックスとインテークパイプを取り外します。

そして、スロットル側へリングを取付。

そして、エアクリーナーボックス側にもリングを挿入。


これで、パイプ類を元に戻して完成です。

アクセル踏んで、エンジンが掛かってからのエンジンの立ち上がりが改善されます。

お客様レビュー集

レスポンスリングHYBRIDダブルリング仕様
レビュー
◆ノアハイブリッドZWR80
★★★★ 4.0 商品説明通り
確かに低速域のトルクが付き、アクセルレスポンスが向上しました。さらに
燃費も15kl前後が、17kl前後で推移。非常に良い感じですね。

★★★★★5.0
ハイブリッドでもエンジン始動時のトルクアップが感じられました。

★★★★★5.0
取付までは半信半疑でしたが、しっかり燃費向上しました♪

◆アクア
★★★★★5.0 出だしがとても良いです。
走り始めがとっても良くなりました。
軽~く走りだしてくれる感じです。
取り付けて、すぐに効果が体感できました。

★★★★★5.0 ダブルリング
低速・高速ともに対応!トルク感upします!加速いい感じですね!

★★★ 3.0
レスポンスリングを取り付けする前に、パワープラスブースターを先に取り付けているせいか思ったより走りが変わったようにおみません

★★★★★5.0 個人的な意見ですが・・・「良いです」
セッティング楽です。
体感的にはアクセルの踏み込みにリニアな感じになっています。
出足もいいです。
高速ではエンジンの性能に応じた伸びですが、エンジン音はかなり改善されています。スカスカに抜けた音がタイトな吸気音になっています。
ハイブリットはこんなもの?とあきらめている方には試してみる価値はあります。

★★★★★5.0 加速が良くなりました!
出だしでもたつき感がありアクセルを結構踏んでいましたが、これをつけたら解消されてあまり踏まなくても加速するようになりました。

◆ヴェゼル
★★★★★5.0
出だしと高速までのストレスがなくなりました。今度はミニコンを付けたいと思います。

◆プリウスZVW30
★★★★★5.0
対応も早く親切でした
早速30プリウスに取り付けました
確かに加速感は上がりました
思った以上に軽く加速します
次は、ミニコンですかね

★★★★★5.0 またまた購入
以前86に取付して変化大だったので、エコカーにも購入。
トルク感は上がった!
あとは電スロをどうにかしなきゃ

◆プリウスZVW50系
★★★★ 4.0
スロコンを2ヶ月使用後での取り付けだったので、すごいっていうのは感じられませんが、走行中アクセルを一定に保ちながらでも、加速してる感じです。

MINICONとの優れた連携


MINICONで補正された燃調にレスポンスリングHYBRIDの吸気流速向上はベストマッチ。
多くの方が満足されています。

ダブルリング適合車種

アクア
カローラフィールダーハイブリッド
カローラアクシオハイブリッド
シエンタハイブリッド
プロボックスハイブリッド
サクシードハイブリッド
プリウスZVW30/35
プリウスZVW50/51/52/55
プリウスα
CT200h
ノアハイブリッド
ヴォクシーハイブリッド
エスクァイアハイブリッド
C-HRハイブリッド
カローラスポーツハイブリッド
フィット3ハイブリッド
ヴェゼルハイブリッド
シャトルハイブリッド
ジェイドハイブリッド

ホンダ フィット3 MINICONレビューの巻

MINICONフィットGP5

★★★★★5 なかなかいい感じ

走ってみるとトルクアップ感は結構感じられました。
低・中速域重視との事で高速走行ではどうかと走ってみたんですが、詰り感はなく、それなりの伸びはありましたね。
最大の利点は、取付後に多少燃費が良くなったこと。また、時々起こるバカふけ(突如エンジン回転が上がる)現象がなくなったことですね。
気のせいかDCTのカクカクも少なくなったような気がします。

★★★★★5 おすすめです

元祖ミニコン、某メーカーのサブコン、そして今回のMINICONと戻ってきました。ATに不可欠な低速トルクは増える感ありでいいです。OBD2にさすタイプのサブコンは、どうしてもアクセルラグタイムがあり、高回転域のパワーは出るのですが、出足のアクセルのツキが悪くなるのがいやで、これに戻ってきました。ハイオク仕様でさらにトルクが増える感がありがたいです。

★★★★4 う~ん (;´_ゝ`)

商品の説明通り確かにスピードが気持ち良く出るのですが、走り方次第で燃費は悪化します。
取り付けて走りをとるか、外して燃費をとるか…未だに悩み中です(–;)
追記…装着後、燃費の悪化はあまり感じられなかった為に星一つ追加します。

★★★★★5 調子よいです。

初めて、フィット3HVのサブコンを購入しましたが、
S1モードで使用していますが、エンジン音が心地良くなって、燃費も良くなったようです。いずれハイオクモードにして試すつもりです。

皆様ご満足ですか?

ハイブリッドカーのNAエンジンへのサブコンのため、ブーストアップしたような効果を得ることはできませんが、エンジンかかり始めの「やぼったい」エンジンレスポンスを向上させてストレスを軽減させる効果はあります。
アクセル一定でもどんどん加速していくような感覚です。
パワープラスブースターEVO

も組み合わせてお使いいただけると、更なるレスポンスアップ効果、疲労軽減効果があります。

フィット3 GP5 MINICON
トリプルレスポンスセットもありますよ

レスポンスブレードHYBRID ユーザーレビュー まとめ

こんにちは!
世の中、何かと不祥事が多いですね~
今日は、レスポンスブレードHYBRIDの商品レビューをまとめてみました。

シエンタハイブリッド

★★★★★5.0 良いですよ^^
低回転域のトルクがややアップした様に感じました。
合流が楽になったと思います。

★★★★★5.0 気持ち良くなったかも
気持ち良くなったかも

アクア

★★★★★5.0 レスポンスブレードはすごいです。
トルクがすごく出ました。
アクセルベタ踏みでは、体がシートに食い込む感じがします。

★★★★☆4.0 グィッときます!
効果有りです。ついついアクセルを踏み込んでしまうのが難点!

ヴェゼルハイブリッド

★★★★★5.0 最高!
最高!

フィットハイブリッド

★★★★★5.0 ミニコンハイブリッド有り
先にミニコンハイブリッド、ハイオク仕様で効果がありましたが、更に上乗せ効果が体感出来ます。

と、皆さま効果を体感されております。
まず始めにMINICONとリング
MINICONとダブルリング

そして、MINICONアルファ

MINICON-Advanced
MINICONアドバンスド

パワープラスブースターEVO
パワープラスブースターEVO
からの

レスポンスブレードHYBRID

がオススメです。


まず、サブコンは、装着しているMINICONとエアフロメーターの間に割り込みします。

で、ブレード本体は

写真のように、エアフロメーター本体に取付。固定は爪と両面テープです。

レスポンスブレード
エアフロメーター内を通る吸気流を・・・


このように通り易くすることで、より細かい吸気流の変動に対してセンサーを働かせることが可能となります。

HYBRAIN ハイブリッドカー専門のエンジンECUチューニングを、ぜひお試しください。